• ギャルリ青踏

会期終了 第2期の常設展

最終更新: 2020年7月6日



今週からGALERIE青鞜で展示されております。

MVW展を見逃した方にはおススメの展覧会となっております。

本日はその展示の模様をご紹介したいと思います。





広島では6度目の展示となる長沼 慧先生。

楽園での生活を謳歌しているような楽しげな動物たちが特徴の若き画家です。


Umeda Yuuki先生。

市立大卒で広島では多くのファンを持つペン画家です。


広島市の風景を描いた作品で人気の平郡かや先生。

今回は特に広島市の橋を丁寧に取材し描いた作品が好評を博しています。


細密ペン画家の與倉豪先生。

與倉先生は20代の頃からパリや松屋銀座、大丸心斎橋など多くの会場で個展を成功させてきた画家です。

向かって右側の作品は広島駅近くの「被爆ポンプ」を取材して描いた作品です。





観覧をご希望の際は予約制となっております。

貸し切りでどうぞごゆっくり優雅なひと時をお楽しみください。


ぜひ広島の皆さまに楽しんでいただきたいと思っております。


展覧会の概要は下記のとおりです。



GALERIE青鞜

第2期の常設展


​■会期

 2019年1月14日~2019年2月5日(終了しました)


■出品作家

 與倉豪(細密ペン画家)

 Umeda Yuuki(ペン画家、版画家)

 平郡かや(洋画家)

 長沼慧(洋画家)​

​ ​■入場無料です


■毎日営業

毎日営業をしております。

火~金曜は20時まで延長して営業しております。


■お問合せ

お気軽にお電話ください。連絡先はこちらです。











80回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示